HOMEに戻る
TOP
PROFILE & FILMOGRAPHY
BLOG
MAIL




北田さん

 

 

 

 

 FILMOGRAPHY

 

1986   映画少年は座り込んだ
1988 白人と黒人
1991~1993 風景映画
1994~2002 イヌ
2004~2005  朝子
2005~2008 デモーニッシュな街から遠く離れて
2013 zone存在しなかった命
2015 みえない汚染・飯舘村の動物たち

     
      
        
  

  

映画監督 北田直俊   PROFILE

1968年生まれ。人生の目標や希望を見出せない儘、高校を中退し放浪と肉体労働の末に 独学で映画製作を開始させる。社会に対して唾棄する自身を投影させた処女作8ミリ映画では孤 独と絶望を 吐き出すように製作し、同年の日本映像フェスティバ ルにおいて優秀賞を受賞。
 
その後16ミリ実験劇映画『風景映画』(1993・50分・白黒)を3年がかりで完成させる。  
捨て犬だった愛犬を主役に26~34歳までの8年間を費やし、35ミリ長編劇映画『イヌ』(2002・100分・白黒/カラー)で劇場公開を果たす。虐待され殺された一匹のイヌが人間に復讐するというシュールな作品。  

同じ年、同棲中の彼女が自殺し、その経緯から自らの命を絶つ人妻の妄想と混沌を描く『朝子』(2005・105分・カラー)を製作。続いてこの世に残された側の果てしない喪失を自身の監督・主演と元AV女優・広末奈緒の起用による『デモーニッシュな街から遠く離れて』(2008・115分・カラー)という自殺に関する2作品を製作し、2本立て巡回上映という形で劇場公開。

5年間の沈黙の後、原発事故に伴う福島警戒区域内に置き去りになった動物達とそれらを救出する人々との関わり合いを主題にした長篇ドキュメンタリー『zone存在しなかった命』(2013・117分・カラー)を完成。その姉妹編となる飯舘村などの数年間も放置された儘の被災動物たちと法整備の遅れを描く『みえない汚染・飯舘村の動物たち』(2015年6月完成・92分・白黒/カラー)、現在『zone3』を製作・取材中


copyright(c)adg-theater,All Rights Reserved.